肌荒れの改善や対策方法は青汁がおすすめ

肌荒れでお悩みのあなた!

肌が荒れて顔や口周りにニキビができると外にでるのも嫌になっちゃいますよね。

 

「出かける日に限ってできちゃう」

 

「最近疲れてるし、気づいたらお肌もガサガサになってきてる、、、」

 

「食べ過ぎた次の日に吹き出物ができた、、、」

 

など、お肌の悩みたくさんありますよね?

 

肌荒れの改善方法は、根本的に改善していくことが大事です。
このサイトでは、体内から改善していくことを目的としてご紹介しています。

 

 

内容について、

〇肌荒れの根本的な原因について
〇肌荒れの改善方法方法
〇肌荒れ改善のおすすめ商品

 

など、肌荒れの種類、原因、改善や対策方法、
について詳しくご紹介していきます。

 

肌荒れでお悩みの方へ少しでも参考になれば
うれしいです^^

 

 

目次 (★見たい項目の文字をクリックすると、その記事に飛びます。)

 

▽なぜ肌が荒れるの?肌が荒れる原因とは?
 1-1 内的要因について
 1-2 外的要因について
 1-3 肌荒れの種類はどんなものがある?

 

▽肌荒れ別!改善方法は?
 2-1 内的要因の肌荒れ改善方法
 2-2 外的要因の肌荒れ改善方法

 

▽肌荒れを改善するには青汁で腸からすっきり!
 3-1 青汁とは?
 3-2 青汁は栄養が豊富!ビタミンやミネラルの補給にぴったり

 

▽肌荒れの期待できる改善効果は?
 4-1 肌荒れの改善・美肌効果
 4-2 腸内環境を整える
 4-3 ダイエット効果

 

▽肌荒れを内側から改善するおすすめの青汁商品!17種類を比較しました
(★↑こちらをクリックすると、すぐに商品の簡単な紹介記事に飛びます♪)
 5-1 肌荒れにおすすめの青汁ベスト3!

 

▽まとめ

 

なぜ肌が荒れるの?肌が荒れる原因とは?

肌荒れの原因は

 

肌荒れの原因には大きく分けて2つの原因があります。

 

「肌荒れで調べていたけど実は違う原因だったかも。。。」
「あれ?肌荒れの原因はこれだったの?」

 

肌荒れにはさまざまな要因がありますが、
自分の肌荒れの原因のタイプを知っておくと改善方法も変わってきます。

 

◆肌荒れの主な原因◆

 

【内的要因】

  • 体の内臓の状態
  • 健康状態
  • 食生活の乱れ

 

【外的要因】

  • 乾燥する時期
  • 間違った方法でのスキンケア
  • 季節の変わり目

 

この2つにおおきく分けられます。
でも、一体内部要因と外部要因ってどんなものがあるのでしょうか?

 

具体的な内部要因と外部要因の原因を見てみましょう。

 

 

 

肌荒れの内的要因とは?

肌荒れの具体的な内的要因は何があるのでしょうか?

 

肌荒れの内的要因は、不規則な生活習慣が原因のものがほとんどです。

 

◆主な肌荒れの内的要因◆

  • 内臓のトラブル
  • 睡眠不足
  • 食生活の内容
  • 脂質不足
  • ビタミン不足
  • 生理周期の乱れ
  • タバコ

 

 

内臓のトラブル

 

肌荒れ原因_お酒

 

肌と内臓は密接に関係しています。
暴飲暴食、お酒を飲みすぎると胃が消化に多くのエネルギーを費やします。
そうすると胃が疲れやすくなります。胃が疲れやすくなった状態は肌荒れが起こりやすい状況です。
肌荒れ改善のためにも暴飲暴食は控えましょう。

 

また肝臓が弱ったときにも肌荒れが起こりやすくなります。
肝臓は内臓の毒を身体から排出する解毒作用があります。
肝機能が低下すると解毒作用が衰えますので肌荒れのトラブルにつながっていきます。

 

洗顔などをしても肌荒れが治らない際は体の機能が弱っている
可能性がありますので、一度病院での受診をオススメします。

 

 

睡眠不足

 

肌荒れ原因_睡眠不足

 

睡眠不足が続くと肌荒れがひどくなります。
実際に経験された方も多いのではないでしょうか?

 

睡眠の役割として成長ホルモンの促進があります。
成長ホルモンは肌のダメージを回復する効果があります。
睡眠不足になると成長ホルモンが分泌されず
ダメージを回復できないので肌荒れになります。

 

また寝ているときに新陳代謝が活発になるのですが睡眠をとらないと
新陳代謝が促されません。
新陳代謝の低下は肌にとってもよくありません。

 

 

食生活が原因

 

悪い食生活

 

皮脂を促す食事をすると肌は荒れやすくなります。
皮脂を促す食事は主にトランス脂肪酸を多く含む食事となっています。

 

トランス脂肪酸を多く含む食べ物はマーガリン、ジャンクフード、
スナック菓子、バターなどです。
また塩分、糖分、カフェインの摂りすぎも胃を荒らし
疲れやすくさせる原因となります。

 

◆トランス脂肪酸が使用されている食べ物◆

 

・マーガリン
・ピーナッツバター
・マヨネーズ
・コーヒークリーム
・ケーキ
・アイスクリーム
・クッキー
・菓子パン
・ポテトチップス
・ドーナツ
・カップ麺
・インスタント麺
・レトルトカレー
・フライドポテト
・チキンナゲット
など

 

 

脂質が足りていない

 

良質な脂質

 

脂質が不足すると肌荒れのトラブルの原因となります。
しかしここでトランス脂肪酸を多く含む食べ物や、
牛肉、豚肉の摂りすぎはいけません。
オリーブオイルやナッツなどから良質な脂質をとりましょう。

 

 

ビタミンが不足

 

ビタミン不足

 

野菜、果物、魚などを食べていないとビタミンが足りていない状態になり
肌荒れが起こりやすくなります。
特にビタミンC、ビタミンB2、
ビタミンB6が不足していると肌荒れが起こりやすい状態になります。

 

ビタミンCは、赤・黄色ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、
アセロラ、キウイに多く含まれています。

 

ビタミンB2はレバー、うなぎ、納豆、卵に多く含みます。
ビタミンB6はにんにく、レバー、まぐろ、かつおに多く含みます。

 

 

生理の周期の乱れ

 

生理痛

 

生理前、生理中は肌荒れが起こりやすくなります。
それは、2種類の女性ホルモンが関係します。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。
エストロゲンは美しさなどの女性らしさを作るホルモンと言われ、
生理後から排卵まで多く排出されます。

 

一方のプロゲステロンは排卵後の黄体期に排出され
妊娠を助けるために必要な女性ホルモンです。
生理前、黄体期はエストロゲンの排出が減り、プロゲステロンの分泌が増えます。

 

このとき肌荒れが起こりやすくなります。
排卵日以降は、睡眠をしっかりとる生活が大事です。

 

どうしても気になる場合は低用量ピルの飲用をおすすめします。
またこの時期は紫外線に敏感になっているので紫外線対策が必要です。

 

 

タバコ

 

タバコ

 

タバコを吸う行為は肌荒れの原因の1つとなります。
タバコを吸うとビタミンCを破壊するため肌荒れが起こります。

 

またタバコを吸うと血行が悪くなるので肌はどんどん荒れてきます。
タバコを止めて数週間すると血行がよくなってきて
ビタミンCが破壊されなくなるので
肌の調子が良くなってきた変化を実感できるでしょう。

 

一時期、タバコをやめたストレスでニキビができることがありますが
長期的に見たら止めたほうがよいです。

 

肌荒れの外的要因は何がある?

では続いて、肌荒れの具体的な外的要因は何があるのでしょうか?

 

肌荒れの外的要因は季節によるものや自分のケアによるものが主な原因です。

 

◆主な肌荒れの外的要因◆

  • 洗顔のしすぎによる脂質不足
  • 季節
  • 紫外線
  • 化粧品があっていない
  • ストレス

 

 

洗顔のしすぎによる脂質不足

 

肌荒れ原因_洗顔のしすぎ

 

一般的に洗顔は肌にとって大事です。
洗顔を正しい方法で行うと肌をきれいな状態に保ちトラブルを防ぎます。
しかし、洗顔をしすぎると肌の脂質が不足して肌のトラブルが起こります。

 

肌は皮膚の上に表皮があり皮膚を守る役割をしています。
表皮は4段構造になっています。
表皮の外に触れる部分が「角質」と呼ばれ、
角質に脂質がくっついた状態となっています。

 

脂質は角質の水分を肌に吸収、閉じ込めておく役割があり、
適切なバランスの状態にだと肌に潤いをもたらします。

 

しかし洗顔のし過ぎで肌の角質を落としてしまうと
肌の水分が保持できなくなり水分量が低下するため、
肌が荒れてしまいます。

 

間違った洗顔はターンオーバーを早めてしまいます。

 

間違った洗顔方法
  • 洗顔を1日に何度もする
  • ゴシゴシと擦って洗っている
  • ピーリングケアのしすぎ
  • 熱めのお湯での洗顔している
  • たっぷりの泡で洗っていない
  • 2分以上かけての洗顔
  • 洗顔後はタオルでゴシゴシと擦りながら拭いている

「ターンオーバーが早いと新しい細胞に早く生まれ変わるからいいんじゃないの?!」

 

と思いますが、ターンオーバーは早すぎても良くありません。

 

ターンオーバーは年齢や場所により異なりますが、
約28日〜56日周期といわれており、それ以上に周期が早くなると、
肌の細胞が未熟なまま角質層までたどり着いてしまうために
外からの刺激に対応できません。

 

そのために肌が水分や油分を保てない状態となり
乾燥肌などになってしまいます。

 

また、乾燥した状態になると、肌は乾燥を守ろうと油分を出します。
その油分が毛穴に詰まりニキビが出来る原因となってしまいます。

 

季節

 

肌荒れ季節

 

肌荒れは季節の変わり目に起こりやすいです。
私もその中の一人ですが、季節の変わり目は急にゴワゴワしたり
カサカサに乾燥したりしますよね。
季節の変わり目は気温が上がったり下がったりします。

 

すると、人間の体はそのときそのときで気温に対応しなくてはいけないので
ストレスを感じてしまい、自立神経が乱れます。

 

夏から秋は、夏に受けた肌のダメージが秋に一気に出てくるので
10月くらいに急に乾燥してきたりします。

 

また、冬から春は一番温度差が激しく、自律神経も乱れてしまいがちです。
気温差は知らず知らずのうちに体でもストレスを感じているので肌も荒れやすくなります。

 

春は花粉や黄砂などの空気の汚れも重なる季節ですので、
空気中の汚れが肌に着きやすくニキビが出来やすくなります。

 

自律神経が乱れると代謝が悪くなり、
血行不良などの問題が引き起こされるため、肌荒れになってしまいます。

 

 

紫外線

 

肌荒れの原因_紫外線

 

紫外線はシミそばかすだけでなく肌荒れの原因にもなります。
紫外線を浴びると肌は炎症し、肌を守ろうとメラニン色素が過剰に分泌されます。
メラニンが過剰になるとシミ、肌荒れの原因となります。

 

紫外線による肌荒れは2種類あります。
1種類は、紫外線に当たると小さいぶつぶつができる「紫外線アレルギー」。
もう1つは紫外線に当たると肌のバリア機能が壊れて起こる「乾燥」です。

 

紫外線アレルギーは紫外線に当たると炎症を起こしてしまう症状です。
別名「光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)」とも言われ、
症状が発症するには日光などの光と関係があります。

 

紫外線アレルギーによる主な症状
  • 肌が赤くなる
  • 肌にぶつぶつができる
  • 水ぶくれになる
  • 肌がかゆい

などの症状があげられます。

 

 

紫外線アレルギー(日光アレルギー)とは

光接触皮膚炎は化粧品や日焼け止めが関係しているようです。

 

日焼け止めなどに含まれる成分の中の化学物質が
肌と接触した際に何かの化学反応が起きている状態で、
そこに日光(紫外線)が加わると炎症を起こしてしまう症状です。

 

紫外線に当たると肌のバリア機能が破壊されてしまいます。
バリア機能が破壊されると、肌はバランスを崩し水分や油分を保てなくなうので、
水分や油分が蒸発してしまいます。
その結果乾燥し肌が荒れてしまいます。

 

紫外線はUV-A(A波)、UV-B(B波)、UV-C(C波)の3種類があります。
地球に届いているのはA波とB波の2種類となります。

 

特にA波は紫外線の波長が長いため肌の奥にある真皮階層まで到達してしまう紫外線です。
深い層にまで届き新しい細胞を産む細胞にまで届き、肌のハリを保つ役割をしている
コラーゲンなどの繊維組織を破壊していまします。

 

シミそばかす予防のためにも日焼け止めクリームを塗り
しっかりと紫外線対策をしましょう。

 

 

化粧品が合っていない

 

肌荒れの原因_化粧品合わない

 

肌荒れの原因として化粧品があっていない場合も考えられます。
化粧品の成分が肌に合っていないと肌荒れを起こします。
荒れた肌に化粧をするため、ますます肌が荒れてしまい悪循環に陥ります。

 

そうした際は化粧品の使用を中止しましょう。
そしてお近くの化粧品売り場に行って販売員の方に相談してみるといいですね。
また化粧品の使用容量が多すぎる、きちんと保管していないと
化粧品の成分も変わってきますのでしっかり使用、保管しましょう。

 

 

ストレス

 

肌荒れの原因_ストレス

 

肌荒れはストレスによって引き起こされます。
なぜストレスで肌荒れを引き起こすかというと、ストレスによって
自律神経が乱れ血行が悪くなり必要な栄養分が体に行き渡らなくなるからです。

 

しかし、ストレスを避けるといっても難しいですよね。
なので、ストレスをこまめに和らげる方法が大事です。
ストレスを和らげるためには睡眠を十分にとる必要があります。

 

またお風呂にしっかり入る、サウナに行くのもよいですね。
サウナにいって汗を流すと身体の老廃物が排出され血液の循環がよくなります。

 

そのほかには、運動、散歩、ランニングなどスポーツを行うと血行が良くなり、
汗をかく方法は肌は荒れ防止につながってきます。

 

ビタミンCはストレスを抑えるビタミンとして有効ですので、
定期的な摂取をおすすめします。

 

肌荒れの種類はどんなものがある?

まずは肌荒れにはどのよな種類があるのでしょうか?

 

肌荒れには様々な種類や状態がありますが、
ここでは3つの肌荒れの種類を紹介していきます。

 

乾燥による肌荒れ

まず代表的なのが乾燥による肌荒れです。
空気が乾燥するので皮膚の角質水分の量が減少し肌がカサカサになります。

 

この場合は保湿クリームを塗るなどして肌の水分を保ちましょう。
冬の時期は部屋の湿度を保つ環境も重要です。

 

アトピー性皮膚炎

乾燥肌なのかなと思っていたらアトピー性皮膚炎だったなんていう時もありますよね。
アトピー性皮膚炎は肌のかゆみがあります。また全身にかゆみがあるのも特徴だといえます。

 

アトピー性皮膚炎は原因がはっきりわかっていませんが、
考えられるのは、アレルギー体質を持っている人、
皮膚を守る皮膚バリア機能が弱まっている人、
合成洗剤系を使用しているなどです。

 

アトピー性皮膚炎にお悩みの方は一度病院を受診をオススメします。

 

ニキビ

 

ニキビ

 

ニキビは吹き出物になる赤ニキビとぽつぽつと体の表面に現れる
白ニキビがありますよね。
ニキビは内臓の状態がよくない場合などに現れます。
白ニキビはニキビがデキ始める段階で炎症を起こすと赤ニキビになっていきます。

 

白ニキビは適切な方法でつぶしても問題ありませんが
赤ニキビはつぶすのはやめ病院を受診しましょう。

 

肌荒れ別!肌荒れの改善方法は?

肌荒れを治す方法をチェック

肌荒れの内的要因も外的要因も
毎日の生活に密着したものでしたね。

 

いくつか当てはまった人、いくつも当てはまった人、、、

 

肌荒れの原因はいくつも組み合わさって引き起こしている場合がほとんどです。
それぞれにあった肌荒れの改善方法で肌をきれいな状態に戻していきましょう。

 

 

内的要因の肌荒れを改善方法

肌荒れの内的要因と外的要因を改善方法はどのような対策があるのでしょうか?
すぐに実践できるものも多く生活の中に少しずつ気を付けていけそうですね。
肌荒れあの改善方法をひとつずつくわしくご紹介していきます。

 

 

内蔵のトラブルの改善

肌荒れ_お酒禁止

 

内蔵のトラブルでのニキビや肌荒れを起こしている場合の肌荒れ改善方法は、、
胃腸の調子を整える、肝臓を休めて健康な状態にするのが大事です。

 

胃腸の調子を整える方法としては、まず食事の内容を見直しましょう。
胃腸に負担のかかる食事が多いと胃や腸が消化に時間がかかり疲弊していまいます。

 

まずは、消化の良い食事を摂り胃腸の動きが正常な状態に戻しましょう。
ダイエットなどでの体が栄養不足に陥っている時や消化の悪いもの食べた時は
ニキビができやすくなります。

 

また、肝臓の具合が悪化する原因としてアルコールが代表的です。
アルコールを毎日少しだけたしなむという方も多いと思います。

 

ですが、毎日飲み過ぎると肝臓でのアルコール処理が追い付かなくなり
肝臓が疲れてしまいます。最悪の場合、脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝炎などに
なる可能性が高くなるので飲む頻度と量は充分注意しましょう。

 

 

1日のお酒の量はどのくらい?

1日の摂取量はお酒の種類によってことなりますが、

  • ビールなら中瓶1本(約500ml)
  • 缶チューハイなら1.5本分(約520ml)
  • ワインは約1/4本(約180ml)

くらいを目安に楽しく飲みましょう。

 

 

休刊日の間隔はどれくらい?

アルコールの休刊日は1週間で最低でも2日は空けるようにしましょう。
理想は3-5日が良いとされています。

 

また、飲酒する日にたっぷりと飲んで深酒をしてしまっては
肝臓へのリスクが高まるので、深酒はなるべくしないように注意しましょう。

 

 

睡眠不足の解消

肌荒れ睡眠不足解消

 

睡眠不足の解消方法としては、十分な睡眠時間をとる生活が大切です。
それに加えて質の高い睡眠が取り、睡眠のリズムを整えましょう。
睡眠をしっかりとると睡眠不足で引き起こしていた肌荒れが改善されるでしょう。

 

それでは、睡眠の質をあげる方法をいくつかご紹介します。

 

 

就寝の3時間前には夕ご飯を食べ終える

眠りに入る時には、胃の消化活動が終えている状態が望ましいです。
睡眠中に胃に食べ物が残っていると、胃が消化活動を行うので
眠りが浅くなり眠りの質が低下してしまいます。

 

また、眠っているときに血糖値があがってしまうので
脂肪が蓄積され太る原因にもなります。

 

胃腸が消化活動を行い、場合などはニキビや吹き出物ができ肌が荒れる場合もあります。

 

夜遅くのご飯になる時は消化の良いものを少量食べるくらいにしましょう。
ヨーグルト、ホットミルク、果物、お茶漬け、おかゆ、スープなどがおすすめです。

 

 

ストレッチをする

適度なストレッチをすると体中の血行が良くなり体が温まります。
ストレッチを行ってから1時間くらい経つと徐々に体温がさがってくるので、
眠りやすくなります。

 

また、ストレッチで日中に凝り固まった筋肉を動かすと、
老廃物も流れるので体もすっきりします。

 

 

アロマなどの香りでリラックスする

寝る前にアロマなどの香りを嗅ぐ方法も良い眠りにつきやすくなる方法のひとつです。

 

香り=嗅覚は五感の中でも脳に直接伝達します。
神経には交感神経と副交感神経がありますが、
リラックスしている時や眠るときは副交感神経が優位になっている状態です。

 

寝ようと思っているのに眠れない状態は、もしかすると交感神経が
まだ緊張している状態になっている場合があります。
香りは直接脳に働きかけるので緊張が緩み、副交感神経に切り替わりやすくなります。

 

アロマはたくさんの種類があるので、自分好みの香りをひとつでも持っているといいですね。
お風呂上がりにアロマを嗅ぎながら寝る準備をすると、自然と眠りにつきやすい状態へ入りやすいです。

 

 

寝る前にカフェイン、お酒を摂らない

カフェインは覚醒作用があります。
また適量のお酒は良いですが、飲み過ぎると眠りが浅くなってしまうので
カフェインもお酒も飲まないようにしましょう。

 

お酒の場合は寝る前の3時間前までに摂るようにしましょう。
カフェインの覚醒作用は長く5〜8時間続くといわれているので、
夕方の18時くらいまでに摂りましょう。
8時間で考えると16時までに摂るのが理想の時間です。

 

 

起床時間を一定にする

起床時間を一定にすると体の体内リズムが整います。

 

体内時計とスタートするのはとても大切で、
毎朝決めた同じ時間から生活が始まるので、
同じ時間にお腹が空き、同じ時間に自然と眠くなってきます。

 

生活リズムが一定で安定すると自然と体のリズムが
その状態になってくるので、眠りにもつきやすくなり
良い睡眠が取れやすくなります。

 

 

睡眠時間は個人差がある

人によって短い睡眠時間でも大丈夫な人もいますが、
理想的な睡眠時間は90分の倍数と言われています。
それで計算すると、6時間や7時間半が当てはまります。

 

 

なぜ、90分の倍数が良いの?

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があります。
レム睡眠とノンレム睡眠は交互に繰り返されて段々浅くなり朝を迎えます。
その2つの周期が90分周期なので、90の倍数の時間で起きると
スッキリと起床できます。

 

なぜ、○○時間が絶対いい!というのが言い切れないかというと、
人によってベストな睡眠時間が異なるからです。
性別や年齢、遺伝なども関係すると言われていますが、
大きく3タイプ分かれます。

 

ショートスリーパー(短民者)
全体の5〜8%。
おおよそ6時間未満の睡眠時間の人。

 

バリュアブルスリーパー
全体の80〜90%。
約6〜9時間の睡眠時間の人。

 

ロングスリーパー(長眠者)
全体の3〜9%。
おおよそ9時間以上の睡眠時間の人。

 

3タイプありますが、ポイントはよく眠ったと実感できる睡眠と
目覚めがスッキリとした状態であれば、それは良い睡眠です。

 

その時間を自分の睡眠時間の基準にしておくのもよいですね。

 

 

食生活の改善

肌荒れ_お鍋

 

脂質と糖質を含んだ食事を過剰に摂るとニキビを悪化させてしまいます。
皮脂の分泌量を増加させる働きがありニキビができやすい環境となってしまいます。

 

たっぷりのビタミン、ミネラル、食物繊維を摂る食事内容にしましょう。
冬の時期でしたらお鍋が簡単で効率よく野菜等も摂れるメニューとなります。
海鮮や鶏、豚肉なども一緒に食べれるし、体も温まります。

 

また、お安くできるメニューなので家計の財布にも優しい
スーパーメーニューです!

 

たんぱく質も肌には必須の栄養素です。
コラーゲンを作る源にもなるので、肉や魚の他、大豆や乳製品で
たんぱく質を補いましょう。

 

 

生理周期の乱れの改善

肌荒れ深呼吸

 

生理周期の乱れの改善には子宮を柔らかい状態にしてあげることが大事です。
子宮は生理の時に緩み、排卵の時に元の大きさに縮むサイクルになっています。

 

子宮の収縮には脳が大きく関わっています。
生理が始まるのも終わるのも脳からの指令により行われています。

 

ですが、最近では運動不足や疲労、ストレスにより脳がすでに疲れており
子宮に指令が出せなくなっています。

 

なので、子宮が指令を受け取れず生理の不順が起こってしまいます。

 

生理周期の乱れを改善するためにも脳と心のリラックスが大切です。
リラックスする方法をいくつかご紹介します。

 

◆子宮を整えるリラックス方法

  • 深呼吸
  • まぶたを閉じてリラックスする
  • ウォーキング
  • 規則正しい生活
  • 野菜を多めの生活

 

深呼吸をすると血流の流れが良くなります。
血流の流れが良くなるので体内が温まり子宮も一緒に温まります。
また深呼吸の動きに併せて子宮も動き運動になります。

 

まぶたを閉じてリラックスする方法は、強制的に脳を休める方法として
とても有効です。
今はスマホやパソコンを酷使している人が多いと思いますが、
目からの情報量はとても多く脳で処理するのも大変です。

 

入ってきた情報を処理するのに脳は疲弊しています。
ですが、寝る直前までスマホをいじったりと脳が休む間もないのが現状です。

 

目を閉じて視界からなくして考える作業をやめさせてあげましょう。
すると、脳もようやく休息モードに入りリラックスできます。

 

タオルなどを目の上にかけて視界を真っ暗にする状態でゆっくり呼吸を整えましょう。
次第に気持がほぐされてリラックスしていきます。

 

ウォーキングなどのゆったりとした運動は子宮を温めるので血流がアップします。
血流がアップすると子宮がほぐれ柔らかくなります。

 

 

外的要因の肌荒れを治す方法

 

洗顔のしすぎによる脂質不足の改善方法

肌荒れ_正しい洗顔方法

 

洗顔のしすぎによる脂質不足の改善方法は、正しい洗顔方法が大切です。
洗い残しもニキビの原因となりますが、洗い過ぎもニキビが出来る原因と
なってしまうので、正しい洗い方をマスターして肌のバリア機能を元の状態に戻しましょう。

 

正しい洗顔の方法

正しい洗顔方法を身につけるとお肌の状態正常な状態に保つことができます。

1, まずは手を清潔に洗ってから、しっかりと泡立てます。
2, ふかふかに泡立てた泡を肌の上を滑らせるようにくるくると描きながら洗い、ぬるま湯でしっかりと落とします。
3, しっかりとすすぎ終えた後は、タオルで顔の水分を吸い込ませるように押して水分を吸収しましょう。
4, その後は、化粧水や乳液を使用してすぐに保湿を行いましょう。

 

季節による原因の改善方法

季節の変わり目などが原因で起こる肌荒れの改善方法は、
季節ごとに使用している化粧水などのスキンケア商品を変える方法がおすすめです。

 

夏と冬では皮脂の出る量や水分量も異なるので変えてしまうのが良いですね。
夏はさっぱりめの化粧水などのスキンケア商品、
冬は保湿メインのしっとりしたスキンケア商品。
同じメーカーのしっとりとさっぱりで使い分けるなどしてみるといいですね。

 

また、季節の変わり目に肌が荒れる方は、
その時期のみできるだけシンプルなお手入れをするのがおすすめです。

 

肌の調子が悪くなっているとついつい良いものを与えようと高級なものなどを
使いがちですが、肌はいつもよりも過敏になっているので、スキンケアはシンプルにするのが
肌に負担をかけずに良い方法ですね。
たっぷりと化粧水を肌に馴染ませて乳液やクリームで蒸発しないように蓋をしましょう。

 

 

紫外線による肌荒れの改善方法

紫外線による肌荒れの予防や治す方法をそれぞれお伝えしていきます。

 

紫外線アレルギー改善方法

肌荒れ日焼け止め

 

ます紫外線アレルギーの予防法としては、

・日傘、帽子、長袖、アームカバーなどで紫外線から肌を守る
・日焼け止めを塗る

 

ますはなるべく紫外線を避けるという防備が大事です。
紫外線はしみやそばかすを作ってしまう原因にもなるので、
帽子や羽織ものなどで、紫外線を当たらないようにしましょう。

 

また、日焼け止めにもいろいろな種類がありますが、
「紫外線散乱剤」という成分が入っている日焼け止めがいいですね。

 

紫外線散乱剤とは紫外線に当たっても紫外線を反射させる働きがあります。
「二酸化チタン(酸化チタン)」、「酸化亜鉛」が紫外紫外線散乱剤の成分として有名です。
表示としては、「ノンケミカル」「吸収剤不使用」といった表示がされている場合が多いです。

 

主に白色の顔料でクリームタイプのファンデーションや粉タイプのファンデーション
などで使用されています。なので、ファンデーションを塗ると紫外線カットできるというのも
紫外線散乱剤が入っているお陰です。

 

白色の顔料なので昔は白浮きしやすかったのですが、
最近では紫外線散乱剤はナノ化し、より粒子が細かくなり白浮きしにくくなりました。

 

また紫外線吸収剤のほうが紫外線のカット率は高いと言われていますが、
その分肌への負担は大きいので、敏感肌の方には紫外線散乱剤の
日焼け止めの低刺激のものをおすすめします。

 

 

乾燥による肌荒れ改善方法

肌荒れ_自分にあった化粧水

 

乾燥による肌荒れは紫外線を受けて肌の状態がくずれてしまうので、
まずはしっかりとした日焼けのケアを行いましょう。

 

曇りの日は日焼け対策をわすれがちですが、晴れの日と同じように紫外線は降り注いでいるので
まずは、日焼け止めを塗って肌を紫外線から守りましょう。

 

乾燥している肌はお肌のバランスが崩れているので、
たっぷりと化粧水で保湿して肌の状態を整えていきます。

その潤いが逃げないように乳液でふたをして肌の水分を守りましょう。

 

先程の季節と同じになりますが、夏用はさっぱりの化粧水、冬用はしっとりの化粧水で
保湿してあげましょう。化粧水を塗りこんだ後は、手でハンドプレスをして肌を温めてあげます。
肌の中に染み込め〜というイメージで化粧水を入れていきます。
1回で足りない場合は2回、3回とハンドプレスして化粧水をつけましょう。

 

セラミド入りのクリームは肌の水分の蒸発を防ぐ役割があるので、
セラミド入りの乳液やクリームもおすすめです。

 

 

化粧品があっていない肌荒れの改善方法

化粧品が自分に合っていなくて肌が荒れた場合は、
すぐに使っている化粧品の使用を止めてしばらく様子を見ましょう。

 

また、自分の体調が良くないときはいつも染みない化粧水でも染みたりする場合もあります。
いつヒリヒリしたかをチェックしておくのも今後の生活で役立ちますね。

 

 

ストレスでの肌荒れ改善方法

肌荒れストレス解消法

 

ストレスによる肌荒れの原因は色々ありますが、
ストレスを少しでも解消してリラックスする状態が大事です。

 

ストレスで血流が悪くなり肌に栄養が届いていない場合があります。
またストレスで胃や腸が荒れる場合もあります。

 

まずは、自分なりのストレス解消法を見つけてストレスを溜め込まずに
日々解消するのが大切です。

 

ストレスがかかっている時は交感神経が優位になっている状態なので、
リラックスする副交感神経に切り替えてあげる必要があります。

 

お風呂で湯船に使ったり、良い香りを嗅いだり、ストレッチしたりすると
副交感神経のリラックスモードになるので、少しずつでも毎日続けていると
ストレスを軽減できます。

 

イライラすると血流が滞ってしまうので、ストレッチ等でめぐりを良くすると
老廃物も流れて体も楽になります。体が楽になると心もほぐれます。

 

考えて煮詰まっている方もいらっしゃると思うので、
目を閉じてゆっくりと深呼吸します。すると交感神経に切り替わり
落ち着いてくるのでストレスも軽減できます。

 

 

肌荒れの改善方法には青汁がおすすめ!腸内環境から見直そう!

肌荒れ青汁がおすすめです

これまで肌荒れの原因、改善・対策策を紹介してきました。

 

さまざまな原因で肌荒れが起こり、肌荒れの原因が複合的になっている人も
いるかもしれません。そのような方は肌荒れの原因を的確に押さえ
ひとつひとつ改善・対策していきましょう。

 

また、対策をして日々の生活から肌荒れを改善が期待できます。
毎日できる肌荒れ改善効果として「青汁を飲む」方法が挙げられます。
毎日の食生活を正しくするのはもちろんです。

 

その上で青汁を飲むと大きく肌荒れ防止効果を助けてくれます。
青汁を飲んで期待される肌荒れ、防止効果、ダイエット効果、おすすめの青汁を紹介していきますね。

 

 

青汁とは

 

青汁とは

 

テレビの通販番組などで青汁はたくさん紹介されていますよね。
青汁ってどんな飲み物なのでしょうか?

 

青汁は「生の野菜をしぼったもの」です。
生の野菜は加熱、調理したものより栄養価が高いのです。

 

野菜を毎日食べるのは忘れてしまう時や、金銭的に負担となる場合もあって難しいですよね。
しかし青汁を毎日飲むだけなら手軽で簡単ですし、お財布にも優しいです。

 

青汁は大麦若葉、ケール、よもぎ、クロレラを多く含んでいます。
聞きなれない成分だと思いますので簡単に解説していきます。

 

 

青汁は栄養が豊富!ビタミンやミネラルの補給にぴったり

 

青汁は栄養豊富

 

青汁は商品によって成分が変わってきますが共通の主な成分として
大麦若葉、ケール、クロレラを主成分としています。

 

大麦若葉「SOD酵素」という免疫力を高め、活性酸素の働きを防ぐ役割をする成分が
含まれています。
活性酸素が体内で増えると、細胞が酸化し老化の原因となります。
またビタミンB1、C、E、カロテンを摂取ができます。

 

ケールはキャベツに似ており野菜の王様といわれるほど栄養価が豊富です。
含まれる栄養価はβ-カロテン、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、ミネラル、
葉酸、イソチオシアネート(抗酸化作用あり)、
睡眠を助けるホルモンのメラトニンを含んでいます。
ケールを体内に摂取すると、美肌効果、安眠が期待されます。

 

明日葉はカルコンという成分を含んでいるのが特徴です。
胃の調子を整える働きがあります。
また血液をサラサラにし血行がよくなり栄養が届きやすくなるので
肌荒れに効果があります。

 

青汁を飲んで期待できる肌荒れ改善効果は?

肌荒れ効果

 

青汁の主成分である大麦若葉、ケール、明日葉は
先程お伝えした肌荒れの原因になる内臓のトラブル、ビタミン不足、睡眠不足などによる
デメリットを補ってくれる効果があります!

 

青汁を定期的にとると内臓の調子を整え、血液の流れが良くなります。

 

 

肌荒れの改善・美肌効果

肌荒れ青汁の美肌効果

 

青汁に含まれる栄養には肌荒れの改善効果が期待できます。
肌が荒れる原因のひとつに食事から摂取する栄養不足がありますが、
なかなか食事でたくさんのビタミンやミネラル、たんぱく質などを補うのは難しいですよね。
野菜も両手いっぱいくらいの量となると毎日買うにも費用が嵩みますし、食べるのも一苦労です。

 

食生活での野菜不足やビタミン不足の補助として青汁はぴったりです。
青汁に含まれるビタミンAやビタミンC、またビタミンB群、カリウムなども含まれています。

 

ビタミンAは肌の免疫力を向上し、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きがありますので、
肌の状態を健康に保ちます。

 

また、ビタミンCは肌のコラーゲンを作る際に必要なビタミンですので、
肌荒れを治すには必須のビタミンです。

 

 

腸内環境を整える

肌荒れ青汁便秘解消

 

青汁にはたくさんの食物繊維が含まれています。
食物繊維を摂るとなぜ良いかというと、
食物繊維は便の材料になるので腸内の便のカサを増す働きがあります。
すると腸が刺激されて蠕動運動が行われるので、便秘の改善から肌荒れの改善に繋がります。

 

もうひとつ、食物繊維をとると腸内の善玉菌ビフィズス菌のご飯となるのです。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいますが、
悪玉菌に寄ると便秘や下痢など腸内環境が悪化していまいます。

 

逆に善玉菌を増やすと腸内環境が良くなり便秘の改善にも繋がります。
食物繊維は良い菌である善玉菌が元気になるご飯となるので腸内環境の改善に有効です。
腸内がすっきりするので健康な血液が体中をめぐり肌の調子も整い肌荒れの改善にもなります。

 

 

 

青汁のダイエット効果

 

肌荒れ効果

 

青汁に含まれる成分には食物繊維を多く含んだものが多くなっています。
食物繊維をとると腸内環境を良くしてくれる働きがあります。
腸内環境が良くなれば便通がよくなるので、痩せやすくなります。

 

また老廃物が出やすくなると新陳代謝がよくなるので、
体調の改善がみられたり、汗をかきやすくなるのでダイエット効果が期待できます。

 

ただ青汁を飲むだけではなく、青汁を摂りながら運動をして脂肪を燃やすようにすると
青汁の効果がより大きくなりますのでご注意を。

 

青汁を徹底調査!!17種類比較してみました!

様々な種類の青汁がありますがどれが良いのか?どれが人気なの?

 

青汁は使用する原料によっても期待できる効果が変わってきます。
沢山ある商品を比較して比べてみました。

 

new極の青汁

 

 

newふるさと青汁

 

 

new黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

 

 

new大麦若葉青汁キトサン

 

 

newステラの贅沢青汁

 

 

new健康道場粉末青汁

 

 

大麦若葉青汁難消化デキストリン

 

 

new青汁のめぐり

 

 

new青汁三昧

 

 

new朝のフルーツ青汁

 

 

newフレッシュフルーツ青汁

 

 

newすっきりフルーツ青汁

 

 

new輝きの青汁

 

 

new藍の青汁

 

 

newえがおの青汁満菜

 

 

new藻のすごい青汁

 

 

newユーグレナファーム緑汁

 

比較してみると、使われている原料の違いや配合されているバランスなどが
全然違いますね。使われている原料によって飲みやすさも変わってきます。

 

栄養補助の目的か美容でビタミンが取りたいかや飲みやすいもので毎日続けたいかなど、
それぞれに目的に合わせて作られているので、自分の目的にあった青汁を選びましょう。

 

肌荒れにおすすめの青汁ベスト3!

現在調査中!Coming soon!

青汁の飲み方

青汁の効果的な飲み方を紹介していきますね。

 

朝に青汁を飲む

青汁は飲むタイミングで期待できる効果が違ってきます。
青汁を朝に飲むと多くの栄養を体に入れれます。

 

朝は夜の間にエネルギーをとっていないため、体の栄養が少なく、エネルギーが消費された状態にあります。
なので体がエネルギーを必要としており、吸収がよい状態となっています。
朝に青汁を飲むとより多くの栄養を吸収できます。

 

夜に青汁を飲む

夜に青汁を飲むと、寝ている間に腸内環境をよりよい状態へ導きます。
青汁は食物繊維を多く含みますので寝る前に飲むと食物繊維が身体に行き届き胃腸の調子を良くしてくれるのです。
朝はしっかりとした便通が期待できます。便秘でお悩みの方におすすめです。

 

青汁を食前に飲む

青汁に含まれる食物繊維を食前に摂取するとで満腹中枢を刺激します。
満腹中枢を先に刺激すると、すでにおなかいっぱいだと満腹中枢が感じているため食事時に
食べ過ぎを防いでくれます。

 

 

青汁のアレンジした飲みかた

 

青汁と牛乳を混ぜる

青汁は臭みや苦みがあるのですが牛乳と混ぜると、臭みや苦みを抑えれるので飲みやすくなります。

 

青汁と豆乳

豆乳には葉酸、鉄分、三種類のビタミンが含まれています。
青汁と豆乳を一緒に飲むと、肌荒れ改善効果をより期待できます。

 

青汁と野菜ジュース

野菜ジュースも一緒に混ぜて飲むと、苦み・臭みが抑制されて飲みやすくなります。
ただし混ぜるジュースの種類でニンジンジュースは控えましょう。
なぜかというと、ニンジンジュースに含まれる酵素が青汁の成分を壊してしまうからです。

 

青汁とフルーツジュース

青汁とフルーツジュースを一緒に混ぜると、青汁の苦みをフルーツジュースの
甘みが打ち消してくれますのでスッキリ飲むことができます。

 

まとめ

これまで肌荒れと肌荒れを防ぐために期待される青汁の効果について解説してきました。

 

肌荒れの原因は内的要因・外的要因とさまざまな要因があり、
肌荒れに悩んでいるかたは原因は1つではないかもしれないので
それぞれの原因をしっかり分析し解消していきましょう。

 

まずは規則正しい生活をする、睡眠をとる、
正しい食生活の基本が大事になってきます。

 

仕事上不安定な生活、睡眠をとることが難しいという方もいらっしゃるでしょう。
そんなときは青汁を飲んでください!栄養が少ない状態が続けば、
少なからず体への負担も蓄積されていきます。自分の中のよいパフォーマンスを発揮できない
なんてことになってしまいますよ。

 

青汁は野菜の王様といわれる野菜を含んでいますので
あなたの体調を整える手助けになってくれるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました。